動画編集のためのパソコン

本日動画編集のためのパソコンについて相談があった。というよりある企業にてプロモーションの為に動画配信をしたいのことで担当者にその役を振られたわけだが、その担当者もあまり詳しくないために相談されたわけだ。

そこで問題になるのは、ハードウェアー。会社から支給されたのはノートパソコンだが、正直普通のノートパソコンで快適に編集できる訳ではない。

性能の低いパソコンでは、編集時の動画にコマ落ちと呼ばれる表示できない症状が出たり、最終的な動画の書き出し(レンダリング)にやたら時間がかかる。

これはソフトにも依存するが、Adobeの有名な動画編集ソフトPremiereを使いたいなら普通の事務用のPCでは動かないと思ったほうがいい。

そこまで高性能でなくても動くビデオ編集ソフトもあるが、プロが使っている様なソフトの場合、パソコンの性能もそれなりの要件がある。

特にグラフィックボードと呼ばれる部分の部品には高性能を求められ、高価なグラフィックボードの場合パソコン本体より高い事もある。

仕事を振った上司にはその様な知識があると思えない。

一般的にはタブレットやiPhoneでも編集が可能なため、パソコンでも簡単にできると思っているだろう。しかし、実はiPhoneのCPUと呼ばれるエンジンはパソコンより高性能な部分があることを知らないだろう。

よって、パソコンで本格的な動画編集をしたい場合、20万程度の高性能パソコンが必要となる。それを購入してくれるのか?この点は問題だ。

もちろん。Power Director などの汎用動画編集ソフトなどを使えば、スペックの低いパソコンでも編集は可能だ。これらは編集用の中間ファイルを作ることでそれらを実現しているが、あくまでもアマチュア向けなのである。

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA